2021年10月08日
電子出版事業部新刊情報total 25 count

思い出の鉄道模型1970: 関水金属キハ20系のツートンカラーの奇跡 川俣晶

Written By: 株式会社ピーデー・サイト管理者連絡先

概要 §

 1970年代前半。モハ52が大好きだった鉄道模型モデラーの父は、小学生の筆者に初めてのNゲージを買い与えた。

 キハ20(モーター付き)である。

 それから父と筆者は様々なものを作り、壊し、運転し、趣味を謳歌した。

 それから五十年。今、あの頃を振り返り、思い出を辿ってみるのも悪くない。

 結局キハ20とは何だったのか。それは単なる車両以上の奇跡だったのだ。

目次

まえがき

自己紹介・英才教育を受けた奇跡の落後エリート

三線式交流Oゲージの奇跡

16番・茶色のDF50と茶色の軽量客車の奇跡

16番・カツミ165系編成に組み決まれたカワイ153系の奇跡

EB45・フリーランス16番の奇跡

我が家に来た関水金属キハ20という奇跡

スカートが台車に付いていないNゲージEF70という奇跡

EF65 1000番台が発売されるという奇跡(でも手遅れ)

SL予定品ばかり・関水金属カタログの奇跡

KATO、アトラス、トミー、Nゲージのブランドの奇跡

紙工作の奇跡・科学教材社のNゲージ工作本

鉄道模型同人誌MRW・同人誌を作る小学生の奇跡

理想のレイアウト工作という失敗した奇跡

不発の16番ペーパー車体工作・歌川モハ52の奇跡

奇跡のナローゲームブーム・Nゲージはナロゲージに化けた

レイアウト建設用地を確保した奇跡の叔父の話

ある種の一つの終わり・奇跡の趣味人としての成熟度

まとめ・関水金属キハ20は奇跡の成功商品だった

あとがき

付録・キハ20系の旧製品と現行製品の見分け方

付録・首都圏色のキハ20はありなのか?

付録・奇跡の鉄道小説・果てしなき鉄道趣味の果てに

Facebook

このコンテンツを書いた株式会社ピーデー・サイト管理者へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、株式会社ピーデー・サイト管理者に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に株式会社ピーデー・サイト管理者へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に株式会社ピーデー・サイト管理者よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://www.piedey.co.jp/blog/tb.aspx/20211008182047
サイトの表紙【新刊情報】の表紙【新刊情報】のコンテンツ全リスト 【新刊情報】の入手全リスト 【新刊情報】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 株式会社ピーデー・サイト管理者連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.36 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2021 Pie Dey.Co.,Ltd.