BlatJのページ

BLATJ ANIMATION LOGO

最終更新: Mon Sep 12 15:31:19 2011


 ここは、Windows NT用のコマンドライン版電子メール送信ソフトのBlatを日本語化したBlatJを公開するページです。

What's NEW?

ドキュメントの誤り(重要)

 1997年11月27日以前にダウンロードした版のreadmejp.txtには、使い方として、

 電子メールを送信するには、
 BlatJ ファイル名 送信先アドレス
 と入力して下さい。

 と書かれていますが、実際には送信先アドレスの前に-tが必要です。

 つまり正しくは、

 電子メールを送信するには、
 BlatJ ファイル名 -t 送信先アドレス
 と入力して下さい。

 となります。

BlatJとは何か?

 BlatJは、Windows NT環境で実行できる、電子メール送信ソフトウェアです。
 本ソフトウェアは、Mark Neal氏とPedro Mendes氏が作製した、Blat15iに対して、日本語化を行ったものです。
 実行にあたっては、Windows NTおよび、利用可能なSMTPサーバーが必要です。
 本文およびSubjectを日本語対応しています。
 (入力はシフトJIS、SMTPサーバーへの送信は、ISO-2022-JPにて行います)
 解説記事が、IDG刊Windows NT World誌1997年12月号に掲載されています。
 派生ソフトとして、コマンドラインではなく、COMインターフェース経由で呼び出すCOM版BlatJもあります。

コマンドラインから電子メール送信できると、こんなに便利

 Windows NTの管理者やハイエンドユーザーとして、バッチやATコマンドを使い込むと、いちいち、結果を画面で見るのは面倒ですよね。そういうときは、BlatJを使って、結果を電子メールとして送信してしまいましょう。後から、結果をゆっくりチェックできます。

Alpha CPU対応について

 Alpha CPU対応の実行ファイルは、オレンジソフト日比野さんに、Visual C++ 5.0にてビルドして頂きました。日比野さん、ありがとう。

Windows 95での実行

 biacさんより、x86用実行ファイルがWindows 95でも正常動作したというレポートを受け取っています。

既知の障害

1998年1月14日 Subjectのエンコードが長すぎる

 blat15ij2またはそれ以前の版では、日本語Subjectをエンコードする際、1行の長さを長く取りすぎるバグがあります。これにより一部のメールサーバーが途中に改行を入れ、Subjectを破壊していた疑いがあります。この問題は、blat15ij3にて直っています。

1997年11月26日 0x00を含むファイルの送信

 blat15ij.lzhにて配布した版は、0x00を含むテキストファイルを読み込ませると、それ以降の文字が送信されないバグがありました。
 この現象への対策版(現在Intel版のみ)を公開しています。

COM版BlatJ

 COM版BlatJは、BlatJの機能を、コマンドラインではなく、COMインターフェース経由で呼び出すようにしたものです。これにより、Visual BASICや、ASPより、容易に電子メール送信機能を利用できるようになります。
 入手方法は、下記ダウンロードコーナー参照。

ダウンロード

ダウンロードページはこちらに移動しました。

ツールサーポートML

 ツール類をサポートするメーリングリストはこちら。

配布・改変について

 改変元のソフトウェアはパブリックドメインですので、それに準じた扱いとします。株式会社ピーデーおよび、川俣 晶は、改変部分の著作権等の権利は主張しません。自由に配布して使って下さい。
 また、本ソフトは、ユーザーへのサービスのために提供するものですので、一切無保証です。
PIEDEY LINK BANNER
本サイトに関するお問い合わせ先: webmaster@piedey.co.jp
ソフトウェアに関するお問い合わせ先: support@piedey.co.jp
作成: 株式会社ピーデー・川俣 晶/autumn@piedey.co.jp